冷めかかったお茶に熱いお湯を

極上のスパイスと妄想を

増殖するペットボトル問題について

ペットボトルを処分するのんめんどくさい

この問題を解決すべく、アールグレイ緑茶さんの脳内において有識者会議が開かれた。

f:id:earlgreyredtea:20191112132348j:image

 問題点

ペットボトル飲料を購入し、すべて飲み干すと空のペットボトルが誕生する。それを繰り返すと増殖する。増殖したペットボトルを処分しなければならない問題点が発生する。リサイクルを出すとして、何がめんどくさいのかあえて作業手順をリスト化すると

  1. ラベルを剥がす
  2. 台所か洗面所に行く
  3. ペットボトルに水を少し入れて濯ぐ
  4. 水を処分する
  5. キャップをプラスチック回収袋へ
  6. 残ったペットボトル本体はビニール袋に入れる
  7. 回収ボックスに入れる

この作業手順が面倒くさい。なぜなら量が多ければ多いほど面倒くさい作業。え?マメにしないからって?マメにするにも面倒くさい。

 

解決策

極力、ペットボトル飲料を買わない。

これに尽きる。

まぁ、節約にもなるしプラスチックゴミを減らせるにちょうどいいんじゃないの?知らんけど(他人事)

しかし、2Lペットボトルの場合はって、いや、ヤカン買ってお茶パック買って水を沸かして容器にお茶パック入れた方がコスパは良いんだけどな。これならステンレス製ボトルに入れて持ち歩くことができるのでペットボトルを減らせる。なんだ、節約になって一石二鳥じゃないか!

大型ショッピングモールで自動販売機が設置されている場合は、できるだけ缶ジュースを買って飲み干す。500mlペットボトルの場合もがんばって飲み干してどうぞ。しかし、大型ショッピングモール内に手強いフードコートやカフェがある。浪費に注意!

 

結論

画像のようにビニール袋にペットボトルという地球環境において最悪な組み合わせには違いないので、減らす努力をしようと考えてもできない。ズボラ特有の発想で解決するのが1番じゃないですかね?知らんけど。

それより瓶コーラが飲みたいでござる。