冷めかかったお茶に熱いお湯を

極上のスパイスと妄想を

ついにAndroid版Vivaldi Browserが解禁!

※ただしベータ版

 

vivaldi.com

Opera買収騒動があって以来、買収元の企業を信じるか離れるかでどこへ行くかと彷徨っていたユーザーたち。Googleに寝返るかMozillaに泣きつくか。そこで彗星の如く現れたのがVivaldi Browserだった。しかし、この当時はデスクトップ版のみでモバイル向けはなかったのだ。

Braveを使うのかKiwiを使うのか、それとも別のブラウザを使うのか、面倒くさいから標準のブラウザを使うのか迷うユーザーが多かったはず。

モバイル向けVivaldi Browser解禁

気になるUIは...


f:id:earlgreyredtea:20190915133427j:image

こんな配置見たことがねぇ!!!

デスクトップ版とほぼ変わらないデザインになっている。っていうけど、最初はブックマークを探すのに苦労した。設定いじるときは困らなかったけど。スピードダイヤルは標準搭載。もちろんタブも。進むと戻るがアンダーバーにあるのが便利なところ。

さらにアンダーバーの部分をスワイプすると簡単にタブの切り替えが可能。つまり、タブを10個以上開いても簡単に切り替えができる。いちいちタブの切り替え画面で「あぁ、どれだっけな?」と言いながら切り替える必要はない。モバイル向けブラウザとしては画期的な機能と言えるだろう。

さらにメモ、スクリーンショット、カメレオンUIなどデスクトップ版とほぼ同じ機能が標準搭載。もちろん同期もできる。メインとして使うのは十分すぎる豊富な機能。

僕はVivaldiのためにハイエンドスペックのスマートフォンが欲しいと思った瞬間だった。

不満なところ

タブを削除するときスワイプではなく、×印を押さないと削除できないところ。あとはYouTubeなどバックグラウンド再生機能がない。あとは広告ブロックぐらい。広告ブロックに関しては追加機能で補えるが、あたかもウイルスに感染したように思わせる悪質な広告をブロックする機能を標準搭載として追加してほしいところ。

さいごに

ようやくVivaldi Browserがモバイル向けに進出されたことで、一段落ついたところ。今後の動向が気になる。

参考記事

jp.techcrunch.com

 

関連になりそうな記事

earlgreyredtea.hatenablog.jp

この頃って、まだテクニカルプレビュー版(試作品)だったかな?試作品にしては高い完成度で試作品にしては動作が安定していたことに驚いた(安定版と言いながら動作が恐ろしいほど不安定なものがあるからな)