冷めかかったお茶に熱いお湯を

極上のスパイスと妄想を

さらばx-アプリよ。さらばMusic Centerよ。

バージョン1.0の頃からの長いお付き合いだったx-アプリがついに終止符を打つことになった。

[x-アプリの場合]

x-アプリはさすがに潮時を迎えただろう。それはなぜか。未だにFLAC非対応だからだ。つまり、使い物にならない。が、WAVのタグ付けが非対応になったので使う価値がさらに減った。

f:id:earlgreyredtea:20180514170333p:plain

このスクリーンショットを見ると懐かしいと言うんだろうなぁ...

[Music Centerの場合]

なんだよこの時代遅れのUIは!!!

f:id:earlgreyredtea:20180514170653p:plain

と、絶望したソニーユーザーが多かったのは記憶に新しい。あまりにも酷さに頭に来て勢いで記事を書いてしまった。インストール前は嬉しそうにしていたのに... 

earlgreyredtea.hatenablog.jp

 さて、アンインストールするか...

これはどういうことなのか機能が多いx-アプリの容量が約90MBで。一方、機能を音楽のみに絞り込んだMusic Centerの容量が約129MBになっていた。ハイレゾ対応しているかどうかでこれだけ変わってくるのか。知らんけど。

音楽管理ソフトだけで5本も入れた状態にしておくわけにもいかないので、この2本を削除した。ついでにfoobar2000も。

そしてMedia Go難民がたどり着いたところ

今の所Media Monkeyしかなかった。

MediaMonkey » Free Media Jukebox, Music Manager, CD Ripper & Converter

デフォルトのUIがfoobar2000とよく似ている。しかし、バックが黒に近い茶色なので見辛いのが難点。ひたすら弄るしかないか。

しかし幸いなことにウォークマンの場合、ソニー以外の音楽管理ソフトを使って認識しなければ直接ファイルを入れるという方法があるので困ることはない。Xperiaも可能。問題はタグ付けぐらい。

まぁ、あとでいろいろ弄ってみるか...

forest.watch.impress.co.jp