冷めかかったお茶に熱いお湯を

極上のスパイスと妄想を

眠っている本をブックオフへ持っていくと

さすがに雨の日は客が少ない。

 車を持っていない人にとっては地獄だろうが、気合と根性があればブックオフまで持って行ける。客が少ないので買取カウンターの前で並ぶ必要がない。晴れていても平日は少ないけどね。
 
 僕は本棚かクローゼットに眠っている本を持っていくことしたけど、買取価格はどうでもいいのよね。捨てるのはあれなんでブックオフ行って引き取ってもらうことにしたんだけど。中には実質中古未使用品に近い状態があるから誰かに700円かそこらで買い取ってもらおうというゲスの発想はあったが、それをするのも人としてどうかと思うので。

f:id:earlgreyredtea:20160622210759j:image
 やってみたけど合わなかったからCD入れて帯をつけたままにしてる。
 
 買取が終わってお金を受け取ったあと、店内をうろつくわけだが今日は変に掘り出し物らしき物が多い。ほんとに。少ないときは本当に少ない。しょっちゅう行かないと見つからないというこの運ゲーム感。お宝探し感覚で楽しめるからいいよね。
 
f:id:earlgreyredtea:20160622211132j:image
 
 わかる人にはわかるけど、Vision Questという英語の教科書があるよね。それの参考書版かな。Studyplusの間では評判が良い参考書。しかし、学校用の教材のため一般向けで売られていないのが現状。もしあったとしてもAmazonぐらい。
「ちくしょう!Vision Questを採用している学校が羨ましいぜ!」って思ったが、Vision Questの教科書のみ採用だったりしてな。
 
 が、まさかブックオフで売られているとは思ってもいなかったぜ!
 
 販売経路はよくわからないが、こんな物売って大丈夫なのか?いや、ここで紹介しても大丈夫なのか?それはともかく評判が良い参考書を入手できたのが驚き。
 
 買取しようと思ってブックオフに行ったら逆に買わされた。ブックオフの商法に見事に釣られたぜ!
 
 まぁ、Vision Quest総合英語のレビューはまた今度にしてブックオフなどリサイクルショップで買取だけなら買取だけにして終わったらまっすぐ帰ろな。