読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷めかかったお茶に熱いお湯を

極上のスパイスと妄想を

ノートPCを修理出したことを話す

デジモノ系 ブログ

PC熱いなぁっと思ったらシャレにならないことが起きてしまったぜ…

 これはどういうことかと言うと、まずPCの電源入れてログインするまではいいとしよう。次に常駐プラグラムが次々と立ち上がり、ようやくVivaldiを立ち上げてからTwitterログインしTwitterのクライアントを立ち上げてSkypeを立ち上げるといういつもの作業。たったこれだけの作業だ。環境やブラウザにTwitterクライアントによるが、このぐらいの作業ならローエンドPCでもできるはずだ。それでもガクガクなら諦めろ。
 
 しかし、今は梅雨時だ。暑い湿度が高い温度が高い。当然PCにも負担がかかる。現行機はたぶん5度目の夏を迎えることになる。正念場と言っても過言ではない…
 
本当に正念場を迎えてしまった…
 
 もう一度言う、電源入れてログインして次々と常駐プログラムが立ち上がり、落ち着いたところでVivaldiを立ち上げてからTwitterをログインし、それからTwitterのクライアントを立ち上げる。その後Skypeを立ち上げる。たったこれだけの作業するだけで冷却ファンが唸る。やかましい。
あまりにもやかましいから解析ツールを立ち上げたらマザーボードの温度が90℃以上になってるやんけ!
やばいやばい。コンデンサー辺りが燃えるやんけ!って思ったらブラックアウト。つまり使用中に勝手に電源が落ちる。
 
 マザーボードがやられるとどうしようもないので、重症にならないうちに修理に出したが…
 
店員さん「うーん。ファンのところにホコリが詰まっていますねぇ… ここでは分解清掃できないのでメーカー修理になりますが」
 
ぼく「はい、お願いします」
 
店員さん「使用中に電源が落ちるとなればHDDに負荷がかかっている可能性があるので、その場合はHDD交換となりますね。その場合はデータがすべて削除されますがバックアップはよろしいですか?」
 
ぼく「バックアップ中に電源が落ちたらねぇ… 構いませんよ」
 
 いいか、修理出すときはデータ全消極の同意を求められるから必ず定期的にバックアップしよな。例え、デジタル・オーディオ・プレーヤーだったとしてもな。

 修理見積もりを含めて最低3週間以上かかるらしいが、気にしない。それより修理代どうなるか。3万円なら出せる。それ以上なら考える。いや、困るから出すけど。
 
 当分の間はXperia Z3 Tablet Compactで戦うことになったが無線キーボード必要だな。窓タブのことWindowsタブレットにしとけりゃよかったな。
 
VAIO S15欲しい(´へωへ`*)