読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷めかかったお茶に熱いお湯を

極上のスパイスと妄想を

MDR-NW750N非対応のウォークマンにノイズキャンセリング機能が使えるのか?

とあるブロガーさまが「MDR-NW750NはXperia Z3に対応しているのか?」とわざわざ銀座まで飛んで調査したらしい。

osa030.hatenablog.com

僕の場合はNW-F887,S786,A846がハイレゾ対応ノイズキャンセングイヤホンを認識するのか?

www.sony.jp

公式によるとMDR-NW750NはウォークマンNW-A20シリーズとNW-ZX100対応。NW-A10に関してはソフトウェアを更新すれば使える。

公式ではこれらのモデルしか表記されていない。では、これ以外のデジタルノイズキャンセリング機能搭載で5極プラグ対応ウォークマンが使えるのか?

調査員は真相を突き止めるため大阪へ向かった

大阪市北区にあるソニーストア

西梅田のハービスエント内にあるソニーストアでお目当てのイヤホンを探すがどれも最新ウォークマンの付属イヤホンだけにあってイヤホンのみの展示がない。

店内をうろついているうちに見つかったがNW-ZX100の実機が展示されている。気にせずにF887に接続すると5極プラグと認識したためノイズキャンセングは使える。S786も問題なく使えるが、このモデルはハイレゾ音源非対応のためあまり意味がない。初期のデジタルノイズキャンセリング搭載モデルのA846も認識するようだ。ただ、イヤホンを視聴するためにウォークマンを3台出す変態さんはどこのにもいない。

店員さんが来る気配が無いのでウォークマンのカタログを立ち読みしたら店員さんが話しかけてきた。

店員さん「なにかお伺いすることはありませんか?」

ぼく「あの... MDR-NW750Nのことについてですが」

店員さん「はい」

ぼく「F887とS786とA846でノイズキャンセリングが使えるかどうか試したのですが認識するみたいで。っていうことは使えないことはないですね?」

店員さん「そうですねぇ... 確認しますのでしばらくお待ち下さい」

(店員さんXperia Z Ultraを取り出して公式サイトを確かめる)

店員さん「公式では表記されていないということで非対応ですね。まぁ、認識されたようでしたら、非公式になりますが使えますね」

ぼく「なるほど。っていうことは動作保証対象外ということになりますね」

店員さん「そうですね。ただ、F887でしたらハイレゾ対応で再生周波数帯域が幅広いので相性がいいと思います」

ぼく「ほむほむ。非対応のウォークマンならベースモデルのMDR-EX750を買った方がいいですね?」

店員さん「そうですね。通常版のMDR-EX750でしたらどのウォークマンも問題なく使えますので」

その後、音質のことでいろいろお話をしたところで終了と。どうやらウォークマンの場合、ハードウェアよりソフトウェアが関係するそうだ。ここでノイズキャンセリングの仕組みについて説明したいが、どーせ読んでも「なるほどわからん」と言うと思われ。とりあえリンクだけ貼っておく。

www.sony.jp

ウォークマンの場合

ウォークマンユーザーなら「そんなもん知ってる!」って思う人がいるかもしれないが説明すると設定項目に[ヘッドホン選択]というのがあり、[付属/MDR-NC33]と[MDR-NWNC200]と[その他のヘッドホン]を選択肢があってだな。つまりヘッドホンごとにチューニングされているのがわかる。特にノイズキャンセリングを使うときに重要だけどMDR-1A使っている僕にとっては使わない機能。しかしノイズキャンセリングを使うときは重要でノイズキャンセリングの効き目どころか音質まで左右される。

「音質なんてどうでもいいんだよ!」って、音質は重要なんだよ!!!

NW-S786の画面

f:id:earlgreyredtea:20151029203316j:plain

f:id:earlgreyredtea:20151029203448j:plain

NW-F887の画面(プリスク)

f:id:earlgreyredtea:20151029203657p:plain

f:id:earlgreyredtea:20151029203711p:plain

ちなみにNW-A846は設定のところに[ヘッドホン選択]という項目はない。デジタルノイズキャンセリング機能搭載でイヤホンが5極プラグになったのはこのモデルから。当時は付属イヤホンか別売の専用イヤホンしかなかった。Xシリーズとはいったい何だったのか?

効き目はどうなの?

F887とS786は効き目はあったので問題なく使える。個体差があるかもしれないけど。NW-A846は僕が変に動かしたのかはわからないがノイズが入ってしまった。こりゃ意味が無い。そもそも約6年前のモデルに非対応のイヤホンに繋げたのが間違いだったよ。

音質はどうなの?

F887はハイレゾ対応だけにあって再生周波数帯域が幅広く、特に高音域が上手いこと再生されている印象。F887は元気でキレのある音に定評だよね。

S786は高音と低音が強く元気のある音だが、MDR-NC750Nの組み合わせは低音が強く全体的に重たい印象。相性が悪いのかどうかはわからないけれど音に出てくるのかと思うとチューニングって大事だなぁ...

A846は... うん... 懐かしい音ということで。

もし購入するならMDR-EX750

どーせ動作保証対象外ならベースモデルのMDR-EX750を買った方が無難。もしどっちかが壊れても非公式だからサポートを受け付けてくれるわけがない。それなら3極ステレオミニプラグのMDR-EX750ならどのウォークマンでも問題なく使えるんじゃないか!別にウォークマンじゃなくても、スマートフォンやPCやデジタルオーディオプレーヤーが使えるからそっちの方が便利。そしてNUDE EX モニター シリーズ使っていた人にとっては懐かしいと感じるあのクリアな音。それに近い。

 

SONY h.ear in カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 MDR-EX750

SONY h.ear in カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 MDR-EX750

 

まとめ

簡単にまとめると。

  1. 僕が持っているウォークマンならどれも認識して使えるが動作保証対象外
  2. 初期のデジタルノイズキャンセリング搭載ウォークマンは相性が悪い。つまり動作保証対象外
  3. NW-F887はハイレゾ対応のためノイズキャンセリングとともに問題なく使えるが動作保証対象外

※ただし個体差があるかもしれない

結局すべて動作保証対象外じゃねーか!!!

つまり使えることは使えるが壊れてもしらねーぞ!というのが僕の見解なんで、良い子のみなさんはくれぐれも真似をしないように。