読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷めかかったお茶に熱いお湯を

極上のスパイスと妄想を

電話勧誘がうっとおしいから聞き流したらほぼ勝手に契約成立しやがったの巻

そんなの聞いてねーよ!!!

が、通用しなくなった世の中になりましたね。

ぼくは携帯電話はauですが固定回線はNTT西日本フレッツ光でプロバイダはOCNです。不便な組み合わせと思うかもしれませんが、どうやらeo光はたまにやらかしているそうなので安定のフレッツ光にしています。まぁ、auスマートバリューが使えないんですけどね。だからと言ってドコモ光に変える予定はないですね。

そんなことはどーでもいい。

ぼくがお家の郵便受けポストを開けると契約した覚えのないハガキと封筒がありまして、中にはコンテンツのご案内が入っていたのですよ。よく見るとU-NEXTという初めて聞く名前の会社でした。
ぼくのとーちゃんに渡したら「契約した覚えがない」って言うのですね。とりあえずハガキの内容を確認すると金額がクソ高いから払えないですよ。おまけに契約したことになってまして。

ハガキに「クーリングオフ適用」って書かれていたのでサポセンに電話すると繋がらない。何度かけても繋がらない...

Google先生に聞くと「解約したのに請求書が来た」というから「どんな会社なの~!」って思いましたね。ほんと詐欺まがいのことやっていると思いますよ。

これは「登録したら負け」っていうやつですね。

「電話繋がらないし評判が悪いっていう程にもある会社に契約した覚えがないどころか名前すら知らない会社に契約した覚えがない」ので消費者生活センターに電話して相談することにしました。

どうやら消費者生活センターからだとあっさりと電話が繋がり解約できたそうです。が、油断してはいけません。忘れた頃に請求書がやってくるのだから...っていうか、消費者生活センターからだとあっさりと電話が繋がるってほんと舐めてる。

その後、NTTにサポセンに問い合わせて他のサービスを解約しました。

NTTからの電話勧誘で適当に聞き流してしまったのが原因なんですがね。しかし、忙しいときに電話勧誘の相手なんてできないですよ。特に携帯電話からだとね。ほんと電話勧誘するのをやめてくれませんかね。こういうところに規制をかけてほしいです。

確かに携帯電話の会社によるオプション盛りは酷いですし、強制オプションっていうふざけた実態があるんですよ。おまけにショップでは解約できないというクソ仕様もあるから怖いですね。

それが固定回線までやられるとたまったもんじゃないですよ。

「NTT西日本よ、お前もか...」です。ほんとに。

 

U-NEXTについていろいろ調べると料金が高くてサービスの質が低いらしいです。その辺は利用してみないとわからないのですが。しかし、高い料金で低画質の動画を提供されたら泣きたくなりますよね。

光BOXという端末の抱き合わせらしいですが。

 

電話勧誘がうっとおしいから適当に聞き流したらロクなことが起きないですね。向こうは「簡単に解約できます!」って甘い言葉で釣ろうとするのでみなさま気をつけてくださいね。

あと、請求書はできれば紙の請求書を勧めます。

紙の請求書だと何度も確認できるので契約した覚えのないオプションが付けられているのがすぐ発覚します。

いい勉強になりましたわ。NTT西日本さんとU-NEXTさんよぉ...